SSATスコアの伸ばし方のコツは?

mental health help v when

みなさまはSSATをご存知でしょうか?

アメリカの私立高校に出願するためには、SSATを受験する必要がありますね。

 

 

今回は、そんなSSATのスコアアップのためのコツをご紹介します。

SSATは、数学、言語(英単語)、読解、ライティングの4つのセクションから構成されていますが、今回は数学、言語(英単語)、読解の3つの分野に絞って解説します。

 

 

 

 

 

・数学

数学のテストは、日本の中学3年生までのテストとほぼ同様である。問題は英語で書かれているので、まずは日常生活で出てこないような数学関連の単語を覚えることが先決です。同時に、未習の部分があれば、教科書を先取りして勉強し、基本的な問題を解けるようにしておくことです。

用語や学習分野の大半を学習したら、すぐに練習問題に取り組みましょう。自分の苦手な分野やミスのしやすい体質などを認識し、同等のミスを可能な限り減らすことが肝心です。

 

 

 

・言語(英単語)

Verbalパートでは、同義語や反義語、違うように見えて意味が似ている言葉などが出題され、30分で60問を解かなければなりません。問題数が多いので、意味を素早く把握し、しっかりと理解することが肝心です。できるだけ多くの単語を覚える努力をすることが、リーディングパートでも、高校卒業後の生活でも役に立ちます。

 

 

 

・読解

読解は、読んでいる内容を理解する能力を指す言葉です。

リーディングセクションは、伝記、詩、科学、歴史などさまざまな分野から250語から350語の文章が40問出題されます。文章の内容だけでなく、著者のスタイルや狙い、考え方なども小テストで出題され、読んだ内容を理解していることをアピールすることが求められます。

語学と同様、日頃から語彙を増やし、英文に親しむことが重要です。日頃から、問題で問われるような種類の教材だけでなく、自分の好きなジャンルの英文を読むようにしましょう。

また、本番で落ち着いて文章を読めるように、模擬試験を時間内に何度も解いておくとよいでしょう。

 

 

 

SSATで注意すること

Math、Language、Readingの各パートの解答には、マークシート方式が採用されています。正確に回答するごとに1点ずつ加算されますが、間違えた場合は注意が必要です。

日本の一般的な試験とは異なり、不正解の場合は1問につき0.25点ずつ減点されます。正解かどうかわからない場合でも、消去法で選択肢を2~3個に絞ることができれば、正解に印をつけることができます。

 

 

タイガーキャンパスでは、SSAT対策をしたいお子さまのサポートをしております。
無料体験レッスンをご希望のお客様はこちらよりご応募ください。

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world