中高生のTOEICスコアはどのくらいだと役立つのか?

pen writing notes studying extra language

国際化が進む現代社会において、英語力は重要な武器となります。実際に年々、英語の重要性は増してきています。図画工作や音楽と同じように、すべての小学校で英語教員が特別教科として在籍し、2020年以降の学習指導要領で英語教育が必修化されました。全国統一達成度テストでは、これまで中学教育でもライティングとリスニングが実施されていましたが、スピーキングテストを導入し、より英語教育に重点を置くようになりました。スピーキングテストの結果は都立高校入試にも利用されることを考えると、英語学習は注目せざるを得なくなっています。

 

日本で受験できる英語検定試験は、英検、TOEIC、GTEC、TOEFL、IELTS、日商ビジネス英語など9つあります。今回はTOEICに絞って、中高生がチャレンジする場合のメリットや基準点などを解説します。

 

 

 

英検ではなくTOEICを選ぶべき!

現在、いくつかの中学校や高校で英検の団体受験が実施されており、統一日の放課後に受験することができるなど、手軽さがあります。実際、多くの中学生や高校生が、TOEICよりも英検の受験を希望しています。実際、高校入試で英検3級以上の取得者を優遇する自治体や、英検3級以上の取得者を入学金の支払い対象から外す私立高校もあるほどです。

 

一方、TOEICに挑戦して特定レベルのスコアを取得すれば、大学入試や就職活動で強力な武器となり、将来の貴重な財産となります。さらに、TOEICのスコアが特定レベルであれば、高校受験の際に願書に記載することも可能です。中学校で習う科目にプラスアルファで、英検は2級まで取得可能です。試験の教材が通常の対話形式であるため、そうなっているのです。一方、TOEICは、日常会話よりも「ビジネス英語」を重視している。この観点からすると、TOEICの英語は、就職してから役立つ英語ということになります。

 

一言でいえば、TOEICは大学入試や就職の面接対策のためのツールだと考えてください。高校入試だけが人生の目標なら英検で十分です。そうでなく、大学進学や就職を目指すのであれば、TOEICのスコアは非常に重要です。このような理由から、私たちは英検よりもTOEICを推奨しています。

 

 

 

受験のメリットと目標スコア

 

TOEICは仕事や大学受験に役立つのであれば、中学生が受けても意味がないと考える人もいるかもしれないが、それは間違いです。前述したように、TOEICは学校で習う英語とは異なる「ビジネス英語」であり、その傾向を理解し、慣れることがTOEIC試験で良い成績を収めるために必要なのです。中学生のうちからTOEICの形式を学び始めることが重要であり、このことがTOEICの価値を高めているのです。

 

スコアの目安ですが、中学生全員が受験した場合、平均スコアは200点から300点で、総スコアが990点であることから、だいたい3割程度が正しいということになります。しかし、これはさほど重要なことではありません。中学生の皆さんには、ぜひ “500点以上 “を目指してほしいところです。このレベルは、一般的に英検2級に相当し、高校卒業時の英語力の目安とされている。また、TOEIC600点以上を求める団体もあるため、500点を達成することは中学生にとって大きなメリットになります。

 

 

 

高校生は目指せTOEIC700点!受験のメリットは?

 

高校生は、中学生に比べてTOEIC受験のメリットが大きいです。推薦入試、AO入試、国公立大学の2次試験、私立大学の一般入試など、ほぼすべての入試で、特に大学入試では高校生が優遇されたり、追加で点数をもらえたりします。基準点、加算・優遇は各大学によって異なりますので、ご自身でお調べになることをお勧めします。なお、大学によっては、TOEIC Listening and Reading Tests(TOEIC L&R)に加えて、TOEIC Speaking and Writing Tests(TOEIC S&W)を追加で要求する場合があります(200点満点)。状況によっては、TOEIC Speaking & Writing Tests (TOEIC S&W)(200点満点)が必要となる場合もありますので、ご留意ください。

さらに、医学部や外国語大学など、英語を使う大学・学部を受験する場合、TOEICのスコアが○○点以上でないと受験資格がない場合もあります。これは、どの大学でもTOEICの意義があることを示しています。しかし、高校2年生になるまで、どの大学に進学するかはまだ決まっていないかもしれません。そこで、TOEICで具体的にどのような点数を取ればいいのか、その目安を以下に紹介します。”700点 “は間違いなく目標点数です。英検でいえば、2番目に高い難易度です。実際、履歴書や願書の記入には600点以上あれば十分ですが、700点あれば一部の大学では必要最低限をクリアすることができます。

 

MARCHや関関同立でもこのレベルの点数が基準となっており、下位の大学では学部の影響とは関係なく「500点」でも加点される場合があります。ただし、医学部や国際関係学部などでは、700点では足りず、750~800点が必要な場合もあります。800点前後だと入試の1科目や1次試験が免除されることもあるので、TOEICのスコアは高ければ高いほどいいというわけではありません。そして何より、大学入学段階でTOEIC700点以上あれば、就職活動で有利になります。TOEICのスコアは、現在、大半の有名企業で高く評価されています。

 

一部の外資系企業では、市場に参入するためにTOEIC700点以上を要求しています。平均点は700点で、これは大学入学試験のスコアと同じです。大学入試のスコアと同じです。もちろん、いい成績を取るに越したことはありません。一方、700点あれば十分合格できる基準です。このような観点から、TOEICの受験をお勧めします。

 

 

 

TOEICを受験中高校生に必須

大学入学前にTOEICを受験しておくと、大学入試や将来のキャリアに大きなアドバンテージが生まれます。また、今後、就職活動においてTOEICのスコアがより重要視されることは間違いないでしょう。そこで、中学生なら「500点」、高校生なら「700点」を目標にすることをおすすめします。結果、取得することで高校入試や大学入試、就職面接で有利になり、グローバル社会に貢献できる人材に成長することができるのです。

TOEICテストは年に10回実施され、受験のチャンスはたくさんあります。TOEICは準備運動としても使えるテストなので、中高生のうちから受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

タイガーキャンパスでは、TOEIC対策をしたいお子さまや、大学受験を控えている、その他の英語試験の対策をしたい方に質の高い講師をご紹介しております。

今なら無料体験レッスンを受けられますのでこちらよりご応募ください。

 

 

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world