日本でのホームスクールのメリット

Website photos

ホームスクールと聞くと、アメリカなどで行われている教育方法と思われる方も多いと思います。

学校に通うのが当たり前の日本では、ホームスクールを行う機会が少なく、馴染みが薄いかもしれません。

しかし、近年、日本でもホームスクールを選択する人が着実に増えてきています。

今回は、そんな、ホームスクールのメリットをご紹介します。

 

1. ホームスクールの定義とは?

 

ホームスクールとは、親が子どもを学校に通わせず、自宅で教育することです。

親や家庭教師が先生となって勉強を教えることや、本やビデオ、オンラインスクールなどの教材を利用することも、学習方法の一例として挙げられます。

日本では、義務教育期間が定められており、小中学校に通うことが義務付けられています。

ホームスクールは義務教育の代わりではなく、義務教育は学校教育法上、家庭で行うことはできません。

本来、ホームスクールは子どもの教育の選択肢の一つであったが、現在の日本では、様々な要因で学校に通えない子どもを支援するために利用されることが主です。

タイガーキャンパスがサポートしているホームスクールの学習についてはこちらよりご確認ください。

 

 

 

2.ホームスクールのメリット

 

 

・自分のペースで学習できる

学校は集団学習であるため、周りの学生に学習のペースが合わせて進められていきます。

そのため、個別のサポート等は必然的に制限され、苦手な部分について時間をかけて取り組みたい人も、好きでもっと勉強してどんどん進めていきたい人も、周りに合わせるためにペースを合わさないといけなくなります。

 

一方、ホームスクールは、自分のペースで全てを進めていけるので、自分のスピードで強いところを強化しながら、弱いところを鍛えたいというお子さんに最適です。

 

・自立心を育む

 

自立心の芽生えは、ホームスクーリングの利点の一つです。

ホームスクールは、何を、いつ、どのように学ぶかを完全に自分でコントロールすることができます。

先生に言われたから、みんながやっているからという受け身の姿勢ではなく、知りたい、学びたいという意欲が生まれ、自発的な学習態度が生まれます。

定着率に関して言えば、グループ学習で自分のペースで学習した学生は、学んだことを思い出しやすいと言われています。

社会人になってからも、自分が勉強したいこと、学びたいことを自ら探し出す力が必要になり、それに向けて主体的に動く力がつくでしょう。

 

 

・場所を選ばず学習できる

 

学生の中には、一日中机に向かっていることが退屈だと感じる人も多いでしょう。

今はインターネットで何でも解決できてしまうので、便利な反面、臨場感が得られないという欠点もあります。

しかし、勉強の科目やスピードに縛られないホームスクールは、例えば、旅先でも学ぶことが可能です。

このように旅先でインターネット駆使して合間で勉強したり、旅自体でさまざまなことを見たり聞いたりすることで、内容をよりよく記憶できるだけでなく、覚えやすくなります。自分で若いうちからいろいろな国を旅して経験を積んでおくことは、かなり有益なことだと思います。

 

 

 

このようなホームスクールのメリットに加え、インターネットの普及や日本の教育に対する不満等から、近年日本でもホームスクールの需要も高まってきています。

 

そんな学生たちに向けてタイガーキャンパスでは、より質の高いレッスンとサポート体制を実現しております。

是非一度、無料体験にて世界の講師とつながり、よりよいホームスクールの環境を手に入れてみませんか?

 

無料体験申し込みはこちらから。

 

 

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world