ボーディングスクールを受験するには?

web

「ボーディングスクールってどうやったら受けられるの?」

「私が受けるには何が必要なの?」

「そもそもボーディングスクールってどんなところ?」

 

ボーディングスクールに興味はあるものの、実際に何をしていいのかわからない方。

今回はそんなから向けにボーディングスクールについてお伝えします。

 

 

1.ボーディングスクールとは?

 

ボーディングスクールとは、共学、男子高または女子校の全寮制または寮生と通学生混合形式の学校です。生徒たちは24時間体制のケアのもと、クラスメートや教職員とともに生活しています。ボーディングスクールでは、学校独自のカリキュラムにより、独立精神、リーダーシップを培いながら、学業のみならず、スポーツ、芸術といったそれぞれの才能を伸ばし、オールラウンドな人間形成に力を注いでいます。

アメリカには300以上のボーディングスクールがあり、学力、才能、立地、その他自分の条件に沿った学校を選ぶことができます。​ボーディングスクールの中にはプレップスクールと呼ばれ、特にアイビーリーグをはじめとする、エリート大学への進学を目的としたボーディングスクールがあり、そのうちトップ10の学校がTEN SCHOOLS(テンスクールズ)と呼ばれ、歴史が古く、学術的権威があり、進学実績のある最難関の名門校です。

詳しくは弊社ホームページのこちらからもご確認いただけます。
2.ボーディングスクールで習得できること

ボーディングスクールのカリキュラムは、子どもたちの自立心だけでなく、創造性や社会性の育成にも重点を置いています。また、子供たちは将来、社会と関わることになる仲間たちと個人的な絆を形成することができます。

例えば、多くのボーディングスクールのカリキュラムでは、学力よりも人として「思いやりを持つこと」「子どもたち一人ひとりの可能性を最大限に引き出すこと」を重視しています。

ボーディングスクールでは、規則、礼儀、価値観などの生活態度から、コミュニケーション能力、忍耐力、我慢強さ、交渉力まで、学ぶことができるのです。
 
3.自分に合ったボーディングスクールの見つけ方
アメリカには300以上のボーディングスクールあると言いましたが、世界各国にはそれ以上にあります。その中からどのように自分の行きたいボーディングスクールを選べばいいのでしょうか。
以下は、ボーディングスクールを選ぶ際のヒントです。

・奨学金の有無年間数百万〜ほどの費用がかかると言われているボーディングスクールですが、受給の条件がありつつも、奨学金制度が設けられていることがあります。国によって受給の条件があるので、学校を選ぶ際には奨学金の有無を確認しておきましょう。

・英語研修(ESL)の有無

第二言語として英語を習得している学生向けに、英語の研修を行っている学校があります。TOFEL90点がボーディングスクールに入学する目安と言われています。しかし、語学サポートがある学校を選ぶことにより、その英語力はレベルに達していなくても合格できる可能性もあります。

・留学生の数

ボーディングスクールは、世界各国から留学生を迎えています。学校によって、どの国の学生が多い、少ないかなど傾向があるので、自分に合ったボーディングスクールを選ぶ際の参考として、留学生の数も事前に確認しておきましょう。

・学校プログラムの内容

将来自分の進みたい方向が決まっている学生は、AP/IBプログラムがあるのかなど、学校の特徴を知る必要があります。そのボーディングスクールに行くことでどのような自分の未来像が見えてくるかそれぞれ想像してみましょう。

 

 

 

以上のようなポイントが挙げられますが、多くの情報がある中で、自分で全ての情報を網羅し選択するのは難しいと思われるかもしれません。そのような方に、タイガーキャンパスは日本のBoarding School Accessと提携し、アメリカのトップボーディングスクールへのコンサルティングと入学の可能性をサポートしています。

 

 

保護者の方ととお子様が安心してボーディングスクールへの道が開けるよう、出願校の選定から、受験対策はもちろん、留学手続きのサポート等を行なっております。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

また、タイガーキャンパスでは受験対策等の無料体験レッスンを行なっております。世界の有名大学卒業生の講師から質の高いレッスンを受講することが可能です。

お申し込み、お問い合わせはこちらから。(登録料一切なし、無料体験レッスン実施中)

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world