TOEFLとは違う!?アメリカ留学のための高校入学試験「SSAT TEST」とは?

Website photos

TOEFLとSSATはどう違うのか?

TOEFLとSSATは、アメリカの私立高校(ボーディングスクールなど)に入学する際に受験が義務付けられているテストです。
「TOEFL」は「TOEIC」とともに一般に普及していますが、「SSAT」は留学経験者や米国留学の準備のために幅広く研究している人でなければ、ほとんどの人にとって外国のテストと思われるでしょう。

 

「SSAT」はアメリカ人も受験している

この2つの最も大きな違いは、TOEFLは留学生が受験するのに対し、SSATはアメリカ人しか受験しないことです。

この違いは、テストの目的に関係しています。
TOEFLは、「非英語圏の学生がどれだけ英語を理解できるか」を評価するテストです。
一方、SSATは「ミドルスクール(中高一貫校)レベルまでの教科を理解しているか」を判定するテストとして広く使われているものです。

つまり、TOEFLが英語のコミュニケーション能力を測るテストであるのに対し、SSATは知的能力を測るテストであると考えてください。

 

受験者全員に義務付けられている「SSAT TEST」とは?

SSATとは、Secondary School Admission Testの略です。略して、SSAT。
毎年約6万人の生徒がSSAT TESTを受験しており、ボーディングスクールを含む実質的にすべての私立高校で受験が義務付けられています。
5~7年生(中学生)を対象とした「下級」、8~11年生(高校生)を対象とした「上級」の2種類のテストがあり、「下級」「上級」「上級」「上級」「上級」の3つのテストがあります。
さらに、日本では年に数回試験が行われ、11月、12月、1月、3月、4月の5回の可能性があり、2~3回受験することが普通であることです。

また、SSATのスコアは大学入学共通テストであるSATのスコアに比例するとされており、大学進学率を重視する高校では、よりSSTAのスコアが重視される傾向にあるようです。

 

SSATの内容
テストは3つのセクションに分かれています。

「Vocabulary 」は英語の語彙力をテストします。
また、英語の読解力を問う「Reading Comprehension」、数学の理解力を問う「Quantitative」です。
アメリカでの学力を測るためのテストなので、問題はすべて英語で出題されます。
それ以外の問題には計算や図形が含まれるため、Quantitativeのキーワードを理解していれば高得点が期待できます。
一方、他の2つの試験、VocabularyとReading Comprehensionは、ネイティブの英語力によるものなので、非常に高いハードルが設定されているのです。

 

順位は何パーセントか?日本とは異なる採点方法

SSATは、受験者の実力(全問正解で2400点)と過去3年間の成績を比較し、そこからパーセンテージ(最高は99%)を算出して採点されるのです。
逆に言えば、99パーセントに選ばれるということは、過去3年間の受験者18万人のうち、1パーセントに入ったということです。
TOEICは、統計を取るというアプローチに近いと言えるかもしれません。

「4問間違えると、正解の量から1問削除される 」とあります。
そのため、「とりあえず解答欄を埋める 」の対極にある、「わからない問題は隙間を空ける 」という受験戦術があるのだそうです。

 

SSATに足切りはある?
いくつかの機関が「SSATは足切りではない」と明言しているにもかかわらず、厳しい学校ほど高得点であることに変わりはありません。
有名校の平均スコアは90%です。
名門校を受験するのであれば、最低でも85%です。
95パーセント以上のスコアがあれば、ほとんどの高校が受け入れてくれます。

 

留学する際に避けて通れないテスト

TOEFLは、各種メディアの報道によると、日本の大学入試に利用される可能性があるそうです。
一方、SSATはインターナショナルスクールや海外留学を希望する学生のみを対象としたもので、一般に採用される可能性は低いでしょう。

つまり、これは単に「日本でのSSAT対策は難しい 」ということを裏付けているに過ぎないのです。
自分自身やお子さんを留学させたいと考えている方は、事前にしっかりとテスト対策をしておく必要があります。

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world