IGCSEとは?IGCSEに関する最新情報

blog

すでにイギリスのインターナショナルスクールにお子さんを通わせているご家庭や、これからインターナショナルスクールに通わせたいと考えているご家庭に、”IGCSE “についてお伝えしたいと思います。

 

IGCSE(Overseas General Certificate of Secondary Education)とは、インターナショナルスクールの生徒を対象にした、イギリスが義務付けている学校卒業資格試験です。現在、世界130カ国以上、約2,300校で教えられていますが、日本では情報が少なく、IGCSEを理解する人もほとんどいません。

そのため、今回はIGCSEを紹介したいと思います。IGCSEのメリット、GCSEとの違い、IGSCEの準備方法などについてもご紹介します。

 

IGCSEとは何ですか?
IGCSEとは、International General Certificate of Secondary Educationの略称で、インターナショナルスクールの生徒を対象にした、イギリスが義務付けている学校終了時の資格試験です。

  • ケンブリッジ国際中等教育修了証とも呼ばれています。
  • 14歳から16歳を対象とした世界で最も人気のある国際カリキュラムで、130カ国以上、およそ2300校で教えられています。
  • IGCSEは、イギリスのGCSEと国際的なGCE ‘O’レベルの試験に相当し、イギリスでの中等教育(義務教育)を終了したことを証明するものです。

IGCSEとGCSEの区別は?
では、IGCSEとGCSEにはどのような区別があるのでしょうか。

  • 前述の通り、GCSEはイギリスの義務教育修了のための資格試験です。
  • 通常、学生はGCSE修了後、GCSE A-levelまたはIBDの取得を目指します。
  • いずれも大学入学に必要な科目で、GCSEよりも高度な科目が含まれています。
  • 日本では、試験当日に高得点を取れば、高校の成績に関係なく大学入試に合格することができます。
  • 一方、イギリスでは、希望する大学に入学するためには、普段の勉強から特に意識を高く持っていなければならないという厳格な制度があります。
  • IGCSEは、海外の学校向けに特別に作られたGCSE資格です。

IGCSEの利点は何ですか?

IGCSEは、イギリス国内の義務教育修了を証明する資格で、国内制度ではGCSEと同様ですが、英語を母国語としないインターナショナルスクールの生徒には、英語の古典が免除されるなどの配慮がなされています。

また、体育の実技試験も免除されます。多くの人にとって、難しい古典を受けなくて済むのは大きなメリットです。

ただし、GCSEとIGCSEの難易度を是正するため、公平を期すため、IGCSEの万能科学と数学の問題はGCSEの問題より難易度が高くなっています。IGCSEの問題は、単に理数系の分野に限らず、一般的にGCSEの問題よりも難易度が高いです。このことから、イギリスでは、学力重視の学校では、GCSEではなくIGCSEを選択するところが増えてきています。

その理由は、イギリスではGCSEの成績が大学入試に大きく影響するため、GCSEよりもレベルが高いとされるIGCSEで好成績を残すことで、志望校への合格に近づけるからです。

IGCSEのカリキュラム

英国式インターナショナルスクールでは、6年生から初等教育が始まり、7年生から中等教育が始まります。

中等教育は、IGCSEのカリキュラムに基づいた2年間の学習で構成されています。最終試験で高得点を取るためには、IGCSEのカリキュラムに対応できる基礎学力が必要です。

つまり、Year7からYear10でIGCSEカリキュラムが始まるまでのSecondaryの3年間は、IGCSEに対応するための基礎科目(英語、英文学、数学、科学、歴史、地理)を学ぶ基礎学習訓練期間と位置づけられている。イギリスのインターナショナルスクールのセカンダリーカリキュラムは、以下の通りです。

7年目から9年目

  • 英語、英文学、数学、理科、歴史、地理、コンピュータ(ICT)、デザイン&テクノロジー(DT)、音楽、美術、演劇、体育、現代外国語(ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語など)の計10~13科目を履修します。外国語の種類や基礎以外の学科は各校で異なります。

10~11年生

  • IGCSEの科目は、理系か文系か、また志望大学の学部によって選択することになります。英語、数学、理科は必修科目です(生物、化学、物理から2科目選択)。残りの科目を、学生の目的に応じて合計9~12科目で学習します。歴史、地理、コンピューター(ICT)、ビジネススタディ、音楽、美術、演劇、そして現代外国語1科目が選択科目として用意されています(ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語など)。

IGSCEの取得は、義務教育終了の証明としてだけでなく、Year12以降の進路にも大きく影響する価値あるものです。

例えば大学進学を希望する生徒は、進学準備コースであるシックスフォームに入ることになるが、IGSCE(GCSE)のスコアとシックスフォームでの成績によって、進学できる大学が決定される。

欧米人の先生や生徒が多いイギリス式の外国人学校では、Primaryではリラックスした環境ですが、Secondaryでは全員が勉強に集中します。

IGSCEの試験日程

IGCSEの最終試験は、いくつかの機関が実施しています。

最も有名なのはCAIE(Cambridge Assessment International Education)が運営するものです。さらに、最終試験は一箇所で行われるのではなく、世界中で行われます。

国・地域によって、ゾーン1〜6に分類される。

  • ゾーン5には、日本、韓国、香港などが含まれる。
  • ゾーン5の最終試験は、6月シリーズ(5~6月)と11月シリーズ(11~12月)(10~11月)の年2回実施されます。

9月に始まるインターナショナルスクールの生徒はYear11の5月か6月に、1月に始まるインターナショナルスクールの生徒はYear11の10月か11月に最終テストを受けることになります。

日本の学校では考えられないことだが、IGCSEの期末試験も同様に長丁場となり、選択した科目数にもよるが、多くの生徒が1ヶ月半から2ヶ月かけて各科目の試験を受けることになる。

インタースクール生は、学校側が受験の手続きを進めてくれますが、個人で受験を希望する場合は、事前に手続きや時間割を確認する必要があります。

なお、期末試験の日程は毎年変更されますので、ご注意ください。

追加情報

  • 締切後に登録した科目を変更する場合は、有料で承ります。
  • エントリーリテイク
  • 最終試験終了後、成績確定後、同一科目の再試験を受けることができます。
  • 結果に関するお問い合わせ
  • 試験結果に納得がいかない場合、採点結果の詳細な説明や再採点(リマーク)を求めることができます(別途費用がかかります)。
  • 採点結果報告書
  • イギリスのCAIE本部では、成績証明書を発行しています。
    成績証明書がない留学生は、留学先の学校からビザの発給を受けることができなくなります。

まとめ
IGCSEについて深く掘り下げて説明してきました。
IGCSE(Overseas General Certificate of Secondary Education)は、イギリス式のインターナショナルスクールに通う子供たちを対象とした、イギリスの義務教育修了試験です。この試験の成績と高校卒業後の成績によって、通える教育機関が決まります。そのため、IGCSEはイギリスの教育機関で学びたい児童生徒にとって、非常に重要な試験となります。
子どもの将来を国内だけでなく、海外のトップスクールにも関心があるご家庭は、イギリス式のインターナショナルスクールを可能性の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。ただし、インターナショナルスクールへの出願手続きは、従来の学校とは大きく異なり、書類作成、筆記試験、面接などの情報が少なく、相談できる人も少ないのが現状です。インターナショナルスクールへの出願についてご不明な点がございましたら、弊社までご連絡ください。

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world