ボーディングスクールとは?

Untitled design

いきなりですが、アメリカの高校ランキングで紹介されている高校は、基本的に「ボーディングスクール」、つまり寮制の学校が多いです。これは、全寮制の学校を卒業するつもりであれば、より勉強に集中しやすいからです。

 

 

今回は、そんなボーディングスクールの基本をご紹介します。

 

 

 

・そもそもボーディングスクールとは?

 

ボーディングスクールとは、伝統的で自然に囲まれた大きなキャンパスと、しっかりとした教育・生活支援体制を持つ学校と定義されています。ボーディングスクールの特徴は、伝統と自然に囲まれた大きなキャンパス、そして教育・生活支援体制にあり、アメリカだけでなく世界中から集まった生徒が共に学び、生活していることです。ボーディングスクールでは、仲間や教授からの励ましや、切磋琢磨しながら、授業だけでなく日常生活の他の部分でも成長できる環境を整えています。

 

 

ボーディングスクールでは、生徒一人ひとりが自分らしさを存分に発揮することができます。
ボーディングスクールの教育コンセプトは、生徒一人ひとりが自分の個性に気づき、その才能を磨き、将来への道を切り開くことです。10人程度の少人数制で、勉強の仕方や苦手な分野の克服など、一人ひとりに合わせた手厚い指導を行います。特に留学生は、言葉や文化の違いに応じた幅広いサポートやアドバイスが受けられるので、とても助かります。教授陣は皆、自分の仕事に情熱を注いでおり、いつでも相談に乗り、必要な学習支援を早急に手配してくれます。

 

 

また、先生やスタッフは私生活についてもオープンに話してくれます。
全寮制の学校では、学生、教授、職員が同じキャンパスで生活しています。先生と生徒が一緒になって、勉強、課外活動、学校行事、日常生活の基礎を固めるのです。看護師やカウンセラーも常駐し、生徒の怪我や病気などの相談にのってくれます。子供たちが安心して勉強や課外活動を行い、自分の将来を築いていけるよう、教育、安全、衛生のあらゆる面で支援しています。

 

 

 

 

以下は、全米でトップ10に入る伝統と格式のある私立高校のボーディングスクールです。入学試験では、優れた英語力と成績に加え、スポーツ、芸術、課外活動での好成績が要求されます。さらに、留学生の受け入れに積極的なため、受験生は世界中の優秀な生徒と競い合い、合格へのハードルが高くなります。

中学のボーディングスクールを卒業後、The Ten Schoolsやその他の著名な高校に進学する生徒も少なくありません。有名校に進学するための教育を受けた生徒たちは、米国で最も優れた高校に入学することができます。
The Ten Schoolsは以下の通りです。

  • Choate Rosemary Hall
  • Deerfield Academy
  • The Hill School
  • The Hotchkiss School
  • The Lawrenceville School
  • The Loomis Chaffee School
  • Phillips Academy
  • Phillips Exeter Academy
  • St. Paul’s School
  • The Taft School

・アメリカの中学生ボーディングスクールに通う費用の目安

 

中学生のボーディングスクールへの海外留学は、年間約5〜700万円かかります。学校によって、かなり差があります。

ボーディングスクールは寮に入るため、食費や宿泊費も授業料に含まれていることが多い。また、初年度には航空券、海外旅行保険、留学準備金などが含まれ、合計で600万円から800万円程度かかります。

 

 

最低限の入試条件にもかかわらず、エリート高校や教育機関への合格の可能性を高める「中学生ボーディングスクール留学」。将来、有名大学で学びたい、世界で活躍したいという方にお勧めの留学プログラムです。

中高一貫校に合格するためには、まず自分に最適な学校を選び、その上で徹底した準備が必要です。留学準備に不安のある方は、タイガーキャンパスで一緒に準備しましょう。

タイガーキャンパスは、日本のボーディングスクールアクセスと提携し、アメリカのトップボーディングスクールの入試アドバイスやサポートを行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world