スクールソーシャルワーカーって?児童・生徒が抱える問題に対応するために必要なこととは?

mental health help v where

いじめや暴力行為、児童生徒の問題行動には、心理的な問題だけでなく、家庭環境や生活環境なども複雑に絡み合っていると考えられています。このような複雑な問題を学校だけで解決することは困難です。児童生徒の困難な状況を解決するために、児童生徒の環境に直接働きかけるスクールソーシャルワーカーの役割を理解することが必要である。ここでは、スクールソーシャルワーカーの機能、仕事の目的、学校に求められていることを説明し、その事例も紹介します。

 

 

スクールソーシャルワーカー(SSW)って?

 

スクールソーシャルワーカー(SSW)とは、環境下で困難を抱える児童・生徒に寄り添い、他機関との調整・連携を行う専門職です。

スクールソーシャルワーカーは、このグループに該当する人の一例です。

・社会福祉士、精神保健福祉士の資格
・教育や福祉の分野で、特定の知識や技術を持つ人。
・過去に教育や福祉の分野で働いていた人。

 

スクールソーシャルワークの起源は、第二次世界大戦後の米国で、青少年が教育を受けられるように支援する訪問教師による業務にさかのぼることができる。現在では、アメリカ、カナダをはじめ、北欧や東欧の国々で活用されています。1981年、埼玉県所沢市は、日本で初めてスクールソーシャルワークを正確に定義したプログラムを開始しました。その後、文部科学省が2008年に「スクールソーシャルワーカー(SSW)活用事業」を開始しました。

本発表の目的は、スクールソーシャルワーカー活用プロジェクトについて、またスクールカウンセラーとスクールソーシャルワーカーの違いについて紹介することです。

スクールソーシャルワーカー制度導入の最大の目的は、児童・生徒一人ひとりの生活の質(QOL)を高め、それを支える学校や地域社会を確立することです。

この目的を達成するためには、教育環境と家庭環境の安全・安心を強化することが重要です。スクールソーシャルワーカーとスクールカウンセラーは、どちらも児童・生徒の困難や悩みを解決する仕事であるため、よく間違われます。しかし、両者は同じものではなく、それぞれに固有の仕事があります。例えば、スクールソーシャルワーカーは、家庭、学校、友人、地域社会など、児童・生徒の環境に働きかけ、困難を解決するのに対し、スクールカウンセラーは、主に児童・生徒の心の問題を解決するために精神保健福祉士として任命されています。

スクールソーシャルワーカーとカウンセラーは、それぞれの専門領域や機能の格差を認識し、問題解決のための役割を分担することが重要なのです。

 

スクールソーシャルワーカーの役割

 

スクールソーシャルワーカーの役割は、直接支援と間接支援の二つに分類される。スクールソーシャルワーカーは、生徒やその家族を訪問したり、適切な機関につなげたりすることで、直接的な支援を行う。一方、間接的な支援としては、学校の支援体制の構築、専門的な指導、関係機関との連携調整などがあります。

・障害のある生徒が置かれている環境を支援する。
・ネットワークづくり、類似団体との連携など。
・全校的なチーム体制を作り、支援する。
・保護者・教職員への支援・助言・情報の提供
・保護者、教員、職員への支援、助言、情報提供を行う。

 

 

活動例とスクールソーシャルワーカー体制の構築

スクールソーシャルワーカーが効果的に活動するためには、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、スクールナースの役割や、教職員の知識などを明確にすることが重要です。

同年、文部科学省は、スクールソーシャルワーカーの実践的な行動に関する事例集を発行しました。この事例集では、活動が貧困対策、児童虐待、いじめなど9つのカテゴリーに分類されています。ここでは、学校に求められる体制づくりの方法と、宮城県教育委員会の事例を見ていきましょう。

 

学校現場の体制づくり

学校にスクールソーシャルワーカーを配置する場合、問題解決のすべてをスクールソーシャルワーカーに委ねないことが肝要です。

そうならないためには、スクールソーシャルワーカーの専門性や役割、配置の目的を全教員に周知し、学校長の指導のもと、毎日ケース会議を行うなど、教育相談体制を整備・充実させる必要があります。

また、行政担当者とスクールソーシャルワーカーは、学校が抱える困難を把握し、協働ビジョンを策定し、生徒指導担当者、養護教諭、教育支援コーディネーターの職務を明確にしておくことが必要です。

 

宮城県教育委員会の活動と課題

 

スクールソーシャルワーカーは、宮城県教育委員会が希望する県立高校に配置されました。その中の一人は、DVにより精神を病んだ母親から厳しいしつけを受け、引きこもり、逃亡、暴言などを繰り返していた生徒でした。スクールソーシャルワーカーは、問題の生徒の母親を数回にわたって訪問して面談し、警察や児童相談所と連携して父親に介入し、問題の解決を図りました。その後、スクールソーシャルワーカーと学級担任が毎月生徒の自宅を訪問し、その結果、生徒の家庭での関わり方が変わり、生活リズムが改善されました。その結果、生徒の学習意欲が高まり、別室登校を開始しました。

スクールソーシャルワーカーの取り組みの成果が認められ、スクールソーシャルワーカーへの期待が高まる一方で、環境の複雑化・多様化が進み、支援の提供が困難な状況もあるなど、まだまだ困難が残っています。スクールソーシャルワーカーの採用、研修、資質の向上が必要なことは言うまでもありません。

スクールソーシャルワーカーの機能についての知識も必要であり、連携が必要です。

 

 

近年、子どもたちを取り巻く環境はますます多様化し、一人ひとりが抱える課題も複雑化しています。問題解決には、子どもの心や悩みだけでなく、家族や友人関係などの周囲の環境も考慮した戦略が必要です。同時に、児童・生徒の悩みをすべてスクールソーシャルワーカーに委ねるのではなく、学校や他の団体と連携して解決策を見出すことも忘れてはならない。スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、養護教諭の職務を明確にするとともに、互いの能力を活かしながら協力して問題解決にあたることが重要です。

 

 

タイガーキャンパスでも、ご家庭だけで学習に悩まれている方に向けて手厚いサポートを用意しておりますので、お気軽にお問合せください。

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world