グローバル社会における日本の未来…少子高齢化だから、英語が必要?

Website photos
総務省の統計によると、日本の総人口は2008年の1億2800万人をピークに減少に転じ、2008年には約1億2600万人となりました。さらに、2008年には65歳以上人口が0~14歳人口の2.3倍となり、高齢化と少子化が進行していることがわかります。
今後も減少が予想される「日本社会の担い手」を補うのは、システムの機械化と海外からの人材獲得です。国境を越えた往来が活発になる日本社会では、英語をはじめとする「外国語」が重要になるでしょう。

 

 

海外から日本へ、日本から海外へ

インターネット技術の進歩により、私たちは電話や電子メールで気軽に外国の方と連絡を取ることができるようになりました。このように誰もが気軽に海外の人と接することができるようになったからこそ、英語やその他の外国語でコミュニケーションが取れることが重要であり、そうでなければ、時間の無駄やちょっとした誤解を生むことになりかねません。

日本企業の多くは、英語は貴重なスキルだと考えています。海外とつながる部署だけでなく、日本国内でも今後、英語が活用される可能性は高いです。英語は、就職する部署や会社に関係なく、身につけておくべき才能です。

 

日本のグローバル化戦略とは?
日本は2009年に学習指導要領を改訂し、外国語について「聞く・話す・読む・書く」に加え、コミュニケーション能力や外国語でできることを明確にするという観点を取り入れました。

また、国際的な教育プログラムである国際バカロレアを日本にいながら学べる学校の拡大や、海外大学の入試で必須となることが多いディプロマ・プログラムの一部科目を日本語で学べるようにするなどの取り組みも行っています。

また、留学支援や留学生受け入れ、日本人学生交流の促進、就職支援なども積極的に行っています。日本のグローバル化への試みは、少しずつ進んでいるようです。

 

 

 

親が家庭でできることとは?

以上のことから、あなたは、愛するお子さんの将来のために、英会話スクールに入学させなければならない、そして、言葉を確実にマスターさせなければならないとお考えかもしれません。お子さんが自分から勉強したい、やりたいと思わないと、身につかないばかりか、英語に対して不安や心配を抱くようになる可能性があります。

多様性を受け入れ、興味を持つように子どもに語りかけることは、グローバル化を支えるために親が家庭でできる最も重要なことの一つです。方言も肌の色も育った環境も人それぞれです。しかし、英語などの外国語を勉強することで、同世代の人と同じ言葉でコミュニケーションが取れるようになり、自分も同世代の人と変わらないということを伝えておくといいかもしれません。

 

まとめ
今は、インターネットやSNSの登場により、子どもたちが身近な人だけでなく、世界中の人と友達になれる時代になっています。グローバルな未来に生まれた子どもたちが、多様性を大切にし、さまざまな人と関わり合える素晴らしい人間に育ってくれることを願っています。

 

 

 

 

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world