オンライン授業の効果を最大化するためのポイントとは!?

image

コロナの事故により、学校でのオンライン授業や習い事などのオンラインレッスンが大きく進化しています。せっかく始めたのに、お子さまがどれだけ効果的にこれらに取り組んでいるのか、不安になることもあるでしょう。インターネットの世界に慣れてきて初めて見えてくる不安もあるかもしれません。

 

【集中力が続かない! 消極的! オンライン授業の3大問題点】

時間や場所を選ばず受講できるオンライン授業には、数多くのメリットがあります。しかし、オンライン教育特有の課題もあります。それは、「集中できない」「受け身になってしまう」「授業の効果が十分に得られない」というものです。ここでは、それぞれの問題を解決するための提案をします。

 

・「集中できない」問題を解決するには、授業に参加しやすいような習慣や環境を整えること!

自宅でオンラインレッスンを受けていると、勉強とは関係のないことまで観察してしまい、集中力が低下しがちです。また、日常の生活音や家族の存在に気を取られることもあります。

そんな中でも高い集中力を保つために、次のようなことをおすすめします。
「授業に行く前に、日課を決めておく。」
通常学校に行くときは、朝ごはんを食べて、服を着て、トイレに行って、身支度をして、歩いて学校に行く…..
などと、学習態勢を整えるのが一般的ですよね。オンラインクラスに参加する前にスケジュールを確立して、生活から勉強へのモードを移行しておくとよいでしょう。

また、机の周りの雰囲気をオンライン学習用に整えることも肝心です。携帯電話やゲーム機など、興味をそそるグッズはすべて視界から消し去りましょう。筆記用具も事前に準備しておくと、気が散って集中力が途切れるのを防げます。ヘッドホンで周囲の音を遮断するのも、集中力を高めるのに効果的です。

 

 

・受動的な姿勢を避けるために、授業中に自分の意思を明確に伝えることができるかどうか確認!

オンライン教育において、お子さんが受け身の姿勢に見える場合は、質問や目的を伝えたいのに、それができない可能性があります。自分から発信する力がないために、受け身にならざるを得ないのかもしれません。

そうならないためには、目的をどのように説明するか、前もって計画しておくことが肝心です。マイクをつけたまましか話せないのか、チャットで質問を送信できるのか、リアクションボタンはあるのか、など、質問の仕方を知っておけば、いざ質問するときに戸惑ってパスしてしまうことを防げるはずです。

質問するのが不安な場合は、「質問で授業を中断するのは先生や他の人の邪魔にならないか?」と言うのも手です。授業を中断して質問することに不安があっても心配ありません。聞く人がどのような反応をするかわからないというのは、講師にとって非常に不安なことかもしれません。

 

・時間割のオンライン授業版は、よりバランスの良いスケジュールを構築するための凄腕のメソッド!

家ではオンとオフの区別がつきにくく、オンでもオフでもない 「学習しにくい環境 」で1日授業を受けることになりかねません。

そうならないためにも、休憩時間に何をするのか、スケジュールを立てておくとよいでしょう。例えば、「中休みである2時間目の後にストレッチをしよう」とか、「昼食後に近所を一周しよう」などです。

家にいる保護者がスケジュールを守ろうとすることが肝心です。保護者が、これから子どもの授業が始まるということを忘れて、気軽におしゃべりしてしまうようでは困ります。

 

 

 

 

オンライン授業を効果的に行うためには、環境整備、授業参加の準備、授業参加後のコミュニケーションなど、さまざまな角度からフォローすることが重要です。ただ単に「集中しなさい」「もっと集中しなさい」と言うだけでは不十分です。今回ご紹介した内容を参考に、ぜひお子さんを助けてあげてください。

シェア:

Tigermath

Thank you For Contacting TigerCampus. We will reach out to you in 1-2 business days.

share with the world